男女共同参画
委員会について
ごあいさつ
メンバー紹介

男女共同参画委員会について

ごあいさつ

日本整形外科学会 男女共同参画委員会 担当理事
山内 かづ代(令和3・4年度)

超高齢社会を迎え、筋骨格系疾患の外来受診者や要支援・要介護者、ロコモティブシンドロームは増加の一途であり整形外科の需要はますます高まっています。現在の整形外科医の割合としては女性医師5.6%,男性医師94.4%と男性が圧倒的に多いですが,整形外科を受診する患者さんの男女比はほぼ1:1,痛みやADL制限を伴う患者さんや小児,高齢者への理解と良好なコミュニケーション,後進の育成など,女性医師の特性や子育ての経験がメリットとなる活躍の場は多く、整形外科女性医師のニーズは無限大です。

整形外科では運動器官を構成するすべての疾病や外傷の診断から治療までを広く扱います。実際、整形外科医の技能としては、骨折や脱臼の整復も力任せに行う必要はほとんどなく,コツとタイミングを理解することで対応が可能です。整形外科領域の手術は腕力より技術を要し,鏡視下で神経や血管を扱う繊細な手術もあること、専門領域が手、足、関節、脊椎など幅広いサブスペシャリティに分かれており専門領域を極めていくことも可能なこと、投薬・ブロック注射などの保存加療から手術、リハビリテーションまで、治療法の選択が幅広いことも特徴であり魅力でもあります。これらの診察や治療を通じ、患者さんの日常生活に寄り添い、仕事、社会活動、スポーツ、趣味の継続や復帰を支援できることは医師として、整形外科医として何よりの喜びかと思います。

日本整形外科学会男女共同参画委員会では、このホームページから継続的に頑張る女性整形外科医の存在や活躍、各大学・施設での取り組みを広報室ニュースJOYFUL通信や留学経験者インタビュー、部長先生インタビューなどを通じて今後も発信していきますので、どうぞご注目ください。男女ともにライフイベントが重なる時期も、学会での活躍、留学の機会、手術・診療技術の維持向上などのキャリアを継続し、みなさん自身が充実して働き続けることができるよう積極的な支援を行ってまいります。

男女共同参画委員会 委員長
新関 祐美(令和3・4年度)

当委員会は、その前身である「女性医師支援等検討委員会」として2017年に活動を開始し、その後色々名称が変わりましたが、2021年より男女共同参画委員会となり現在に至り、今年度より私が委員長を務めることとなりました。この間、当学会の女性会員比率は着実に増え、2017年には約4%でしたが、2021年度は6%を超えました。新しく女性理事2名が誕生し、会員比率に追いつくことができました。

整形外科という分野は、骨・軟骨、腱、神経など、様々な特徴をもつ組織を対象とし、患者さんは老若男女、外傷から腫瘍まで、活躍の場も病院、診療所、研究機関、スポーツ現場、政治と、非常に多岐にわたります。整形外科そのものが多様性を内包しているといえ、単に力仕事で長時間労働であった時代は終わり、男性医師だけではなく、女性医師の活躍がますます期待されています。昨今、女性医師の割合が増加している時代に、整形外科における女性医師比率は他の診療科と比べるとまだ少なく、2番目に低い数字となっていますが、整形外科の多様性と社会からの需要を考えると、この数字には伸びしろしかありません。男性女性にかかわらず、このやりがいに満ちた整形外科の魅力を実感し、それぞれの居場所で、それぞれの働き方でかかわっていけるよう、当委員会は、働き方改革委員会と連携して、今期も活動してまいります。

当委員会では2019年度ホームページを設置し、広報室ニュース『JOYFUL通信』の連載を開始し、女性会員の多種多様な活躍の見える化に努めてきました。このホームページは非会員でもアクセスできますので、是非、研修医や学生さんにも覗いていただけるようご紹介ください。また、キャリアアップに悩む若い先生方の一助になればと考え、日々、情報の更新を務めております。今後は、これら活動を継続して強化するとともに、男女ともに仕事とプライベートの両立を理解しサポートする職場環境づくりを推進していく予定です。

今後も引き続き【男性会員とともに女性会員が活躍できる機会・場所を作ること】を委員会活動の最重要課題として取り組んでまいります。

男女共同参画委員会 アドバイザー
堀井 恵美子(令和4年度)

2017年に女性医師支援検討委員会として発足した委員会は時を経て名称が変遷し,今年度からは,男女共同参画委員会という名称で落ち着きました.私はこの度,アドバイザーの任を受けました.委員会開設当初より活動に参加させていただいたゆえのことと,受けさせていただきました.

4年前に委員として招集された当初は,新しい委員会ということで何をしたら良いかも定かでなく,担当理事の先生の御指導の下,各委員で分担して,がむしゃらに各種問題に取り組んできました.理事会や広報・渉外委員会の支援を受けて,こうして委員会独自のホームページを立ち上げ,委員会活動等を発信できるようになったのは大きな功績のひとつであったと考えています.

発足当時の8名の委員は全員交代となり,新メンバーでのスタートとなりました.いろいろな立場の先生方に関わっていただくことにより,様々な見解の下,新たな方向性で活動が発展していくことと思います.幸いなことに,委員を経験された山内かづ代先生が担当理事に就任されましたので,従来の活動もスムーズに継承されていくことも確かです.私も,微力ではありますが,従来の経験が何らかの形で,委員会のお役に立てればと考えています.

ホームページの内容を更新し続けることは,大変な労力であることも経験してまいりました.できるだけ多くの会員の皆様に読んでいただき,ご意見をいただければと思います.また,非会員の方にもアクセスできるサイトとなっていますので,是非,医学生・研修医の先生方にも紹介していただけますようお願いします.